2012年10月16日火曜日

FUZZY!!!

ファジーバードにまったく疾走感がでなくて失笑しそう。

そんなダジャレ(になってねーよビミョーに)もお手の物。どうも、Kですコンバンハ。


大好きな曲なんですけどねー。
だからこそ、疾走感0なのが許せない。そのへんファジー(曖昧)になれません。

なんだろうなあ。なんかすごく嫌です。。
こうしたいっていうのがあるけど、まあそもそもそれを技術的にじゃあどうやって解決していこうかって話になると一気に言葉が減ってしまうところを見ると、
恐らく私の中でもまだちゃんとイメージが固まっていないんだろうなあ。

ヤダ〜ヤダ〜。

もっとも、それを一人で出来ないからレッスンというものがあるのですが・・・



大学で、週1とか定期的にレッスンがあると、どうしても何を習いたくてレッスンに行くのかわからなくなっているまま受けていることが増えてくるのですが(毎回お前は今日何をしにいくのかと自問しています。)、
さすがにここまでなってくると・・・ こうしたい、あーしたいを
音で伝えられないなら、日本語が通じるわけだし対話することで伝えて、自分のモノにしていきたいですね。

本当は音で「こうしたいんじゃーー!!!」って示せないとダメなのかもしれませんが。
いや、言葉で伝えられるんならそれだって使っていいじゃないの。
そんなサッカーじゃないんだから。足だけじゃなく手だって使っていいじゃないですか。みたいな?


ピアノ合わせもしてみて、うひょーやべーよ!って思いつつも、漠然と練習するわけじゃなくて、明確にここをこうしなきゃああしないと!が見えてきたので、よしとします。
・・・頑張ぁれ。

Kでした!また明日!



I'm practicing Fuzzy bird for the upcoming competition.
Its piece was composed by Japanese composer, Takashi Yoshimatsu and was premiered by Japanese saxophonist, Nobuya Sugawa.

I like this piece and also like cyber bird concerto!!


This is difficult one - of course I know.
Now I'm fighting even I with I want to familiar with it(-_-)

How can I make it???
Now, my fuzzy bird, especially 1st movement,Run Bird, is like "walk bird".


NO!!!!!! JUST RUN!!!!!!!!!!!!!!!!! NOT WALK!!!!!!!!!ヽ(`Д´#)ノ 


That's why music college has many opportunity to have lessons as a class.


I usually get a lesson in a week.
Sometimes I don't know what I want to get in the lesson, but teacher gives me something points for practice, motivating me every time.


I will talk to my teacher to make it work by using words and will explain what I want to do by using music.

Just a week left until the trip. So fun!!!!



See you tomorrow!!! BYE!