2013年9月8日日曜日

Liaison saxophone ensemble 4th regular concert

あれはいつだったかなあ。
一本の電話が最初だったか。


リエゾン・サクソフォンアンサンブルの第4回定期演奏会が木曜に無事終了しました。
御来場頂きました皆様、ありがとうございました!

Liaison Saxophone ensemble 4th regular concert had finished on Thursday.
Thank you so much who came to the concert.



エクストラメンバーとしてバスサックスで参加させていただきましたが、
・・・いや〜、今でも信じられないです。コンサート自体もとてもあっという間に終わった感じで。
あまり実感がないというか。

I joined the ensemble as an extra member of Bass saxophonist, and I still can't believe I was part of it.
Time past TOO fast.


写真がなんと2枚ぐらいしかない(しかも私のカメラではない)というのも、また実感のなさを感じる。笑

I didn't take any photo with my camera, unbelievable!
That't why I still can't believe I played at the concert...lol


でも大好きなラヴェル(和声がたまらんのだな、美しい旋律もさることながら)、プーランク(和声の移り変わりがたまらんのだな)、ヒンデミット(あの迫力がたまらんよね)、そしてまたまたラヴェル!
(※最後にプログラム載っけますね。それで意味がわかるはず。笑)

このプログラムで参加出来たのがもうなんだか本当に嬉しかったです。はい。

I love the pieces I played this time: Ravel(I really love the harmonics), Poulenc(harmonies change dramatically,,, fantastic!!), Hindemith(I'm addicted to the powerful and dynamic music), and Ravel again!!
(End of the issue, I list the program and then you get it, I think.)

I was really happy to play such a wonderful pieces.
How lucky I am...!!


いろいろ反省するところはあるのですが・・・
(もっとこう出来たなー、あれ出来たなーetc)
自分に今までない音楽性であるとか、新しく得たものが多く、本当に勉強になりました。

In this time, I got many things through rehearsals and also in the concert.
Not only music but also behave, like, how to act on the stage.


また、今回コントラバスの他に、打楽器、ハープ、ピアノ・・・
たくさんの楽器とアンサンブルをする事もまた新鮮で。

Also it was very fresh for me to play with double bass, percussions, harps and piano.
Many kinds of instruments ensemble with 14 saxophones.


いや、吹奏楽とか、翌々考えればそういうふうにいろんな楽器とアンサンブルをすることは当然たくさんあるはずなのですが、
ちゃんと交われてるか否かって結構わかっちゃうんですね。当たり前ですが。
交わってる時、あるいは「こういうふうにアンサンブルしよう」って意図してやった部分がすごく露骨にわかるから、それもまた楽しかったし。

Even I have some chance to play with many kinds of instruments like wind-instruments band, I got feeling like "I truly ensemble with them!" at the concert.
Because of number of players, I easily understand this is good/bad.
It sounds tough but really fun!


更には、栗田さんの指揮のもと演奏出来て、幸せでした。
・・・って、直前(むしろ演奏会後だった?)まで気が付かなかったんですが、
5月に行ったサカモト教授(坂本龍一)のサントリーホールの公演で振ってらっしゃったり、更には私(と母と姉)がハマって見ていた、とある月9にもちょっと出演されていたり・・・
まさか遠くから見てた方とご一緒しようとは。。。恐れ多い。
(そういえば北川景子がそのドラマの中で、この段落の一文目と全く同じこと言ってた気がする。。。けいこじゃないよ、ワタシけいちゃんよ。)

Also, it's very rare opportunity to perform with such a great conductor, Mr Kurita.
He is usually working with famous orchestra(as a conductor, of course), and I didn't realize I went to a concert he was conducting until I googled.
...No, actually I knew but I didn't believe, perhaps.
Can you believe, that, you are working with the man who works very far from my situation?!?!


というか、リエゾンの皆さんそんな感じです。
右も左もスーパースター。

Not only the conductor, members of the ensemble also.
All of members are superstarts.
The player next to me is super star. The player sitting in front of me is of course super star too.


「きゃー!!どうしよー」ってなりますけど、そういう環境がやっぱりいちばん刺激的だし、自分を上達させてくれる気もします。
そういう環境に身をおけるようになりたいな。と思ったのでした。

I was doing like "Oh my god!!!" every time but these circumstance made me improved a lot.
It really eager to study a lot and is definitely fantastic change.
I thought I want to work with such a talented people and also I want to be like them.



リエゾンの皆様をはじめ、お世話になりました関係者の皆様方、本当にありがとうございました。

Thanks so much from bottom of my heart.
All of thanks to the members of Liaison saxophone ensemble and all of people who supported our concert.



第4回 定期演奏会 2013.09.05(Thu)@みなとみらいホール

M.Ravel/ Menuet Antique
F.Poulenc/ Les animaux modeles
P.Hindmith/ Symphonic Metamorphosis of Themes by Carl Maria von Weber
M.Ravel/ Le tombeau de Couperin