2014年6月1日日曜日

Wind symphony concert(Eng, 日本語)

It's been a long time since I posted in English in March.
So I'm feeling something weird but not so bad to write something in English because I've talked/listened many English in these days.

前回英語で書いたのが確か3月なので、なんかちょっと久々な感じです。
でもそんなに違和感ないのは、最近英語をしゃべったり聞いたりしたからだと思います。


Why? -Good question:)
なんで? 良い質問ですね!(池上さんかッ)


Showa University of music, which I'm currently studying, have been inviting a famous conductor from US for our wind symphony band.
The famous conductor is Eugene M Corporon!

うちの大学っちゅーのが、毎年とある有名な指揮者の方を招いてコンサートをやってるんです。
その方というのが、ユージン・コーポロン氏で、吹奏楽界では結構有名な方のようです。


This time, I joined the band as a baritone player.
It was teacher's decision, so even I didn't know why he chose me as a bari player, it was good for me because I have a potential to play baritone, right?
My possibilities are still behind the wall and I think I found one through this concert band :)

今回ワタクシめはサプライズ人事によりバリトン・サックスをやりまして。
先生による人事でまあそうなったわけですが、それはまあなんというか私にバリが吹けそうだなと何かで判断してもらったからで・・・
自分の可能性はこうして広がっていくのです:)


Since this monday, we had rehearsals and worked very hard until friday. Oh, yesterday as well, but we also have recording session for making CD.
That was very tough for all of us to keep concentration but we did it!!!
(Actually, it was not so tough for me because I didn't play ALL of them. Just three of them. hehe...)

月曜から、金曜まで毎日リハがありまして、昨日も勿論リハがあったのですがマイクが入ったり入らなかったり・・・
されどリハ。毎週授業の中でリハを重ねていたとはいえ、指揮者がかわるとまた使う神経も違ってきたりしてなかなかタフでしたが、やり切りました!いえーい。
(とは言え、ワタクシめは3曲しか出番ないので、タフでもなんでもないんですけどw)


I really appreciate for maestro Corporon for his hard working!
He always thinks about us to make our work better. So he sometimes change his mind but it is for making our music more brilliant!
He says it was 15 times for him to work at Showa. I am glad to join such a memorial year.

まずコーポロン先生のハードワークっぷりに大感謝です。
彼は当然ほぼほぼ振ってるわけですから(※2曲だけ振ってなかったですが)、当然ほぼほぼ彼はリハにいて檄を飛ばしていたわけで。
常にいい音楽を作るべくあーでもないこーでもないとご尽力頂きました。
今回、彼が来日して昭和のウィンドシンフォニー(吹奏楽ですね。平たく言うと)を振るのは15回目という、この節目の機会に共演出来て楽しかったです!


Also I really appreciate for two teachers- Fukumoto-sensei and Goto-san.
Fukumoto-sensei is associate professor of saxophone and also conductor.
He spent all of his time in this week for our rehearsal and support us.
Goto-san is a composer and he became translator this time.
We can't have rehearsals without his effort.

また、福本先生や後藤さんも全ての曲のリハで私達のサポートをして下さり、感謝です。
後藤さんは今回通訳もしていただいて、彼なしでは今回のリハも進まなかったわけで・・・
そういえば、三連符ってトリプラーって言うんですね。いろいろ勉強になりました。(なんのだ。。笑)


And, all officers of university who worked for our concert.
We had a concert with SO MANY audience because of their hard working!
Although SNS and some IT make our life better, we can't have large number of audience.
When I have a concert, I actually make an announcement on SNS but it has just a little influence.
However we sometimes guess wrong that it is ok to inform only on SNS.
So this time, I was really happy to play with SO MANY audiences.

そして、今日ステージに乗ってみて思ったのは、学校の職員の方々。
今回沢山のお客さんに来ていただけたのは、私達生徒がSNSで広めたから、よりも、学校さんが広く宣伝してくださったから他ありません。(まあ勿論それが彼らの仕事と言ってしまえばそれまでですが)
というのは、常々自分の本番の時に思うのは、SNSやITがいくら便利になっても、結局それっていうのはあまり影響力を持たず、結局のところ自分でメールをするとか、丁寧にお声掛けするのが一番即効性がある、といいますか。
だからこうして沢山のお客さんに恵まれると、ちょろっと宣伝すればお客さんが着てくれるものだと勘違いしそうになるのですが、いかんいかんと自らをたしなめるのでした。


By the way, I like John Mackey's works.
I didn't play it but other members played "Frozen Cathedral" written by John Mackey and I was soooo inspired.
Another his piece, such as concerto for soprano saxophone, is also amazing piece as well.

ところで、今回私は出番なかったんですけどジョン・マッキー(作曲家)のFrozen Cathedralという曲の日本初演をしまして。
リハで聞いた時から、彼の和声感とか世界観、オーケストレーション・・・ グッときますねー。
彼の書いたソプラノサクソフォンとバンドの為のコンチェルトもすっげーいい曲なんですけど、これもまたすごく綺麗で、それこそアナと雪の女王の冒頭の氷の世界観を思い出すのでした。笑
(あの映像もきれいですよね)

It was first time to hear Frozen Cathedral at live because it was Japan premier!!!
I can imagine the scenery like crystal ices are broken or frozen ice are made with shiny sound...

I like american composers' sound and harmony... Yeah, I'm sure...!!

他にもいろいろ米国モノをやったりしましたが(吹奏楽作品はどうしてもそうなるのかな?w)、いや〜・・・ 米国モノの、あのヒーロイックなサウンドや和声感が好きなんだろうなあ。笑


Again, I really appreciate for all of people who support me and otsukaresama for everybody!

本当に、お越しいただきました皆様、ありがとうございました!
そして皆様お疲れ様でした。



・・・久々に大学生なんだなとか思ったりしました。笑