2012年7月1日日曜日

Interview

英語で、面接を「インタビュー」という。

インタビューていうと・・・

「このタレントさん知ってますかあ?」ーえ〜誰ぇ〜?
みたいなのとか
「プロフェッショナルとは?」ーそうですねえ・・・プロフェッショナルとは・・・
みたいなのとか。
なんかそういうのを想像してしまうのは私だけでしょうか。
どうも、寝ても覚めてもKですこんばんは。


そういえば、Iowaに試験を受けに行った時に、それこそ実技と「インタビュー」と書いてあって、
・・・しかもそれを数日前に気がついたものだから、「どどどどうしよう、いいいいインタビューって何!?何聞かれるの!?!?」とビビっていたら、
泊めてくれた某氏がなだめてくれました。笑 懐かしい。


そう、日本というのは、どうも「面接」とか言うと、何やら模範解答があって、そこからびみょーに1センチぐらいのブレならまだしも、1メートルもぶれようもんならハイさよならみたいなそういうイメージなのですよね。

ああ、高校入試の時面接の練習したのが懐かしい。
目線はどうたらで、とか、手はどうのこうのでとか。今思うと結構馬鹿馬鹿しい。笑
あとはこう答えたほうがうんにゃらとかそういうのもあったとかなかったとか。
それで入ってきた生徒たちにあんたらは何を教えたいのか・・・ 今思うと、わけがわからない。

(ま、それで生徒を選んでるんでしょw)


大学に入るときは、浪人してたってのもあって、まったくもって面接の練習なんかしてなかったですが、
それこそバイトで、しかも接客ともなれば毎回毎回面接やってるようなものなんですから。ああ、今思うとそこで慣れてきてるのかもしれません。

大学に入る時の面接なんてまあ、恐らく全然重視されてないんだろうなあ〜とも思いますけど、
今更何かあったところで多分特に何も対策をしないと思います。
強いて言うなら、こう言われたらどう答えようかな、ぐらいで、あくまで自分の中の答えを探す作業。
どれが正解とか、目線がうんにゃらっていうのは今更考えないなあ・・・(もしかしたら、「こういうふうに振舞ったほうが効果的かな」という、自分の言いたいことのスパイスぐらいの話)


そんで、今日は言っていいのか知らんので(問題ないとも思うんだけど)、今は特に書かないのですが、まーインタビューされに行ったのですね。わたくし。

最近は、というか前からそうすればよかったのかな。と今なら思う。
相手は私の事を知りたいんだから、ふっつーにそのまましゃべればいいと。


とはいえ、な〜。
もうちょっと英語しゃべれればいいのになw
もっと自由になりたいなー。

更には、先日ちょっと悔しかったことがあって。
中国語が全く理解できなかった。 ーってまあ、勉強してないから当たり前なんですけど、携帯電話という単語すら全然知らなかった。
もやもやっとしたし、・・・悔しかったー。。。


言語が使えないが故にこんなフラストレーションを感じるのがすっごく嫌なもので。
さすがに、いきなり中国語が理解出来るようにはならないと思うけれど、もーちょっと英語はマシにしゃべれればいいのにと思う。そんな今日このごろ。

ということで、とりあえず地味に地味にと言わず、がんばろうと思います〜。


以上、実は試験(7月末から8月頭)の曲が決まってません。Kでした。いや、明日決める。そう、明日、いな、今日。。。





I met two great university students for interview. They interviewed me.
It was great time and exciting even I couldn't speak English well.
It was ,,, like casual conversation.

In Japan, interview means kind of examination- not casual. Very formal event, I think.

Actually, when I was in junior high school and prepare for entrance exam, I and teacher practiced what I should do in the interview.
For instance, what I should answer questions, which point my eyes should gaze,,, maybe you think little bit ridiculous, right?
Even I did such a preparation, I think it is funny and crazy..

So when I went to Iowa to take audition and interview(it was just talk!that's all!), I was nervous especially to take the "interview".
It was no big deal. Just I didn't know US rule.


Even I needed to take interview when I took entrance exam in Japanese college, I didn't do any prepare.
Just go, and speak. That's all.
But, I thought what is a problem about it?
Maybe I could show what who I am.

In interview, it is important to show who you are and what you think.
However Japanese are seeking correct behavior, words, and so on...(for example, in job hunting...)


To show who I am, I want to speak English more freely even I'm Japanese.
Because, I wanna communicate with foreigners and work with them.
It can say that I need to study and speak English.
It never happen if I don't speak English and show who I am.

Also, I want to study Chinese too.
If I completely speak English and Chinese, I can communicate with almost people in the world :) lol


I'm trying to study hard! Bye bye!!!