2013年1月20日日曜日

Approach Canfield!

As I mentioned before, I've been working with Canfield's work- Concerto after Gliere-.
For my final exam! :)

Now I've just found some information on internet and score.
In addition, I found some video of Intermezzo and Tarantella.

These two are 2nd and 3rd movements of "Concerto after Gliere".
1st movement(now I'm practicing!) was originally written by Canfield.

Here is the original version video of "Intermezzo" and "Tarantella".
Intermezzo and Tarantella were written for Double bass and piano.




It's looks like,,,, wow, so hard work for Double bass!!! :o
And different key!
I think it is really good for Double bass but not for saxophone... -That's why Canfield changed the key?! I don't know.
However Es major is good for saxophone!


Now I'm practicing only 1st movement for exam.
I don't have any performance plan of 2nd and 3rd movements, but I think I'm gonna start to practice whole piece!


...Ah, should I play it for YouTube if I don't have any plan??(-v-;)
Let's consider...


Bye!!:D



今テストのために、キャンフィールド(前まで「カンフィールド」とかちょっとイギリス英語か!って発音してましたスイマセン。)のConcerto after Gliereという曲を練習してるんですね。Kですコンバンハ。

んで、これっていうのは、元々コントラバスとピアノのために書かれたIntermezzoとTarantellaていう曲をサックスのために編曲したのが始まりで、1楽章はCanfieldが書いています。
だから僕はただのアレンジャーじゃないのさ!ていうのをどっかで読んだ気がする。・・・笑


で、私はその1楽章、なので、もともとはコンバスの為の曲じゃなくて、最初からサクソフォンを想定して書いたものにはなるのですが、
一応おおもとですから。 そのIntermezzoとかそのへんも聞いてみようと。
(当然1楽章にその要素が要所要所に入ってきます。駄洒落か。)


聞いてみました。(上の動画)



・・・ま、まあね、あのね、えーと、調が違うとかそのへんも突っ込みたいけど、そこじゃなくて、


結構無茶ぶりをしてませんか、コンバスにッッッ(゚Д゚)



とはいえ、熊ん蜂の飛行をコンバスでやった録音も聞いたことあるからなあ〜〜
それを思うとそうでもないのかしら。



今のところ、1楽章(それも7分以内におさめないとなので、全部は出来ないんです。。・゚・(ノД`)・゚・。)のみ演奏する機会がありますが、
せっかくなら2,3楽章もやりたいなあと・・・


さらってみようかなあ!


以上、フラジオなんてデフォルトです、Kでした。ヽ(´Д`ヽ)(/´Д`)/イヤァ~