2013年4月9日火曜日

今年度レッスン開始(日本語、English)

今日は今年度初レッスンでした。
旅~行け-ば-Kさんです。おばんです。


今年度は月曜日の夜わりと遅い時間なので、
帰ってきてご飯を食べて、プロフェッショナル(NHK)を見る!うーん!パーフェクト☆マンデー!!!


今日は、1年次に試験でやったCanfieldのConcerto after Gliereの2,3楽章を持って行きまして。
まあ難しいんですけど、3楽章(速い曲)ばっかりやってたり、全然違う現代曲なんかばっかりをやってると、2楽章(スロー。超シンプル)がなんかこう・・・
なんていうの、
身ぐるみ剥がされたっていうか、
もう何していいかわからないっていうか。

カルパッチョ的なものばかりを食べ過ぎて、シンプルに刺身で!みたいな食べ方忘れてるていうか・・・


それでも、ずっとやってみたかった曲だからなあ。 なんか嬉しいんです。はい。


北海道に行った時にお会いした、平賀さん(北海道の美人サクソフォニスト!というキャッチフレーズが・・・!笑)がおっしゃってた言葉で、

技術屋にならないでね。音楽をやってほしいんだ。

と。

音大に入ってみて思うのは、みんなすんごいストイックなんですね。もしかしたら私の周りだけかもしれませんが。

口開いたら練習しなきゃみたいな。
で、それに没頭するあまり、周りがあまり見えなくなっちゃったりとか、そもそもなんで技術磨いてるのか- 技術を磨くことが目的になってしまう- なんていうのがしばしば、なんですね。

でも技術は、自分がやりたい音楽を表現するための手段みたいなものでしかないわけで。
それ自体が本質ではないし。


・・・話逸れましたが。


今年も、そうだなあ。
受け身じゃなくて、いろいろ突っ込んでいけるように、レッスンまでの時間にたくさん考えて考えぬいて練習して、練習の時の疑問をちゃんと解決出来るように。

自分の内面に潜む音楽をちゃんと表に出せるように、ーというかそもそも何が潜んでいるのかをちゃんと見つめて、探しだして表現出来るようになりたいですね。

それこそが喜びなのかなあ〜 ていうのが、最近の私。です。


ところで22歳になりましたが、私これしますあれしますを書いてないですね。・・・汗
まあ、あんまり決まっていないというのが本音なんですけど、それだと締まりがあまりにもないので、ちゃんとこちらも考えぬいて書きますね。笑


以上、給料日間近!嬉しい!けど北海道のツケがなあ〜〜w Kでした。



Today was a first day of this semester's lesson.

Last semester, my lesson was Tuesday and since today, my lesson day is Monday!!

After the lesson, go home, have a dinner and watch my favorite TV show... Awww sweet!!!


Today, I played Concerto after Gliere, written by Canfield in lesson.
Just only 2nd and 3rd movements because I've already done 1st movement.

2nd movement is simply beautiful.
Because saxophone was born in 1840s and doesn't have classic pieces like piano, I've been working with contemporary pieces.
When I first practiced 2nd movement, it's really simple and I don't wanna add too many expressions.
3rd movement too.
However I thought my playing was boring and tend to express too much.

I was little bit nervous, so teacher made me feel from such my emotions.

I just played front of him and he gave me some suggestions -that's it.
These simple time always make my brain clear.


And this music is a piece I really want to play.
I'm going to upload YouTube and perform in front of students of saxophone studio I'm in, with great pianist and great friend Hiroko.



You know, when I went to Hokkaido, a saxophonist said "don't be just a technician. Be a great musician.".
It means that college students tend to concentrate on improving their skills, not for music just for technique, even though technique is a just one of skill.


...So in this year, I want to say that,,,
of course I'm gonna practice hard and want to improve my skills.
But, I am going to pursue what I want to express and how this music can be played.
Think and talk with myself -what I want to do?- and make queries. Then discuss about these queries with teacher.
If he give me some new idea or something creative -that's super cool!


Ok, time to sleep!(0:04am, Japan) See ya!